ゆまにて 動物日記

〔ゆまにて〕は、ヒューマニティーからの造語。でも動物との交流がメインです

さつまのお腹

 

さつまの後姿。

f:id:garadanikki:20220304172218j:plain

最近さつまは何故かわからないが、お尻を向けるようになった。

かまって欲しいけれど、自分の方からは行かないと決めたのかも知れない。

でもこの体形、やはりもっちゃりしてきたかな。

f:id:garadanikki:20220304172224j:plain

食欲も旺盛だし、ご懐妊間違いなし。

f:id:garadanikki:20220304172239j:plain

ねぇ、さつま。

赤ちゃんいつ産まれるの?

f:id:garadanikki:20220304172244j:plain

 


さつまは、去年5月に産まれた三姉妹の末妹。

※ 3姉妹の名前は、さつま・とんとん・ミーシャ。まとめて言うと「さっとんみー」

とんとんとミーシャはまだ妊娠してないみたい。

 


ねえ、ミーシャ。

コロコロ取り合って遊んでた妹が、母親になるのって、どんな気分?

f:id:garadanikki:20220304172229j:plain

サンドイッチのおそすわけ

 

今日は、朝から良い天気で暖かい。

つかの間の休日で、ゆっくり寝ていたいところだが、山ほどやることがある。

掃除に、洗濯に、、、美容院にも病院にも行きたいし。

 

洗濯物を干そうと思ったらベランダが騒がしい。

暖かくなったから雀も嬉しいのだろうか。


それにしても君たち、チュンチュンチュンチュン騒がし過ぎだぞ。

f:id:garadanikki:20150317120621j:plain

どうした? チュン助?

f:id:garadanikki:20150317120622j:plain

ああ、これね。

f:id:garadanikki:20150317120623j:plain

 

仕事場にサンドイッチを持ってくことが多かったので、パンの耳が余る余る。

最初は深津さんみたいに食べていたけれど、流石に毎日は食べられない。

f:id:garadanikki:20150317120624j:plain

深津絵里 CM Pasco 超熟 パスコ 「パンの耳」篇

f:id:garadanikki:20150114111038j:plain


電信柱から見てないで、早くおいで

f:id:garadanikki:20150317120616j:plain

しらんぷりしてないで ほら

f:id:garadanikki:20150317120619j:plain

 

以前も餌付けをしてたけれど、この子たちは絶対に慣れない。

f:id:garadanikki:20150317120615j:plain

もっと愛想よくしてくれてもいいのに・・・

f:id:garadanikki:20150317120620j:plain

この時期の雀はでぶちんでカワイイ

f:id:garadanikki:20150317120618j:plain

春はもうすぐ

ご懐妊 ?

 

さつまの様子がなんだか変で、ひっくり返してみたらお乳が張っている。

お腹に赤ちゃんがいるみたいだ。

 

お気に入りのコロコロで遊ぶ さつま

f:id:garadanikki:20220210152350j:plain

 

さつま が産まれたのは、去年の5月。

初めてお目見えした時の写真がこちら。

f:id:garadanikki:20150316142554j:plain
2013年5月31日撮影


さつま と とんとん と ミーシャの三姉妹は、母親 ( 沙羅 ) の性格を強く引いている。

   ※ 三姉妹をまとめて「さっとんみー」といいます。


遊ぶ時、食べる時に他のにゃんこがいると機嫌が悪いし、

ツンデレのくせに凄く甘ったれなのも沙羅そっくり。

ゴロゴロ甘えたい時に、他のにゃんこが居ると、みんなを蹴散らす。

 

 

生後1年足らずで母親になるのは、ちょっと早熟かもしれないけれど、

沙羅の娘だもの、きっと子育て上手の立派な母猫になることだろう。

 

スパルタ教育の沙羅が、娘たちに狩りを教えている写真⤵

f:id:garadanikki:20150316142555j:plain
2013年7月13日撮影

 

サッチモの遠足

 

最近、この辺りに血統書付の良さげな猫が出没するって話だ。

f:id:garadanikki:20220211112920j:plain

ん(?_?) 遠くに見える、あれのことかな。

f:id:garadanikki:20220211112926j:plain

 

・・あんた、もしかして サッチモかい?

f:id:garadanikki:20220211112932j:plain

 

男同士なのに・・・ - garadanikki


サッチモを面倒みてらっしゃる林太郎くんのお母さんに電話をしたら、

サッチモ、毎日 は居るそうな。

林太郎くんちからここまで1㎞はある。

サッチモ君、毎日遠征してくるようです。

 

追記 ) 

集会所の世話人のオニイサンの話。

一昨日の夜でしたかな、たぬきの子供があの猫の後を追いかけ回してましたね。

サッチモって言うんですか、あの猫。

サッチモがとぼとぼ、そのあとを子だぬき、そのあとを親だぬき。

どうやら子だぬきが、サッチモ君の柄を見て親だと思ってしまったみたいで、

親だぬきが「おいおい息子よ、私が母よ」とでも言うように慌ててあとを追ってた風な。

サッチモ君? なんか、変なのがついてくるみたいに困った顔してましたよ。

 

コロコロ 争奪戦

 

意気消沈のミーシャ。

f:id:garadanikki:20220210152409j:plain

どうしたの?

f:id:garadanikki:20220210152403j:plain

妹に、コロコロ取られちゃったのか。

f:id:garadanikki:20220210152447j:plain



最近この子たちが気に入ってるのがコロコロ。

f:id:garadanikki:20220210152254j:plain

ベルボールプラスという商品なのだが、

四個入りの中に二つしか入っていない。

f:id:garadanikki:20150318203422j:plain

残りの二つはプラスチック製で、それは見向きもしない。

 

好きな方は、ふかふかの生地で、中に綿が入っていて、

噛んだ感じが良いらしい。←噛んだことがないから想像

 

大きさも2㎝ぐらいで、にゃんこのお口にジャストフィット。

咥えたコロコロが落ちると、クッションで弾むのが面白いらしいのだ。

 

仲良く順番に遊んでくれればいいけれど、猫の世界は《すばしこい》のが勝ち。

ひとり一個ずつ授けたいが、そうもいかないしで、争奪戦は、しばらく続きそうだ。

f:id:garadanikki:20220210152416j:plain


それにしても

にゃんこの遊ぶ姿って、どうしてこう可愛いいのだろ。

f:id:garadanikki:20220210152350j:plain f:id:garadanikki:20220210152356j:plain

f:id:garadanikki:20220210152423j:plain f:id:garadanikki:20220210152430j:plain

 

「若いっていいわね、そんなことに夢中になれるから」姉姫さん

f:id:garadanikki:20220210152441j:plain

「私は 美味しいご飯があればいい」

f:id:garadanikki:20220210152435j:plain

 

 

f:id:garadanikki:20150318203421j:plain 

CAT TOY ベルボールプラス W20797

CAT TOY ベルボールプラス W20797

 

 

日本橋に ぺんぎん?

 

茅場橋から、日本橋川を見下ろしたら何かいる。

f:id:garadanikki:20140221154055j:plain

 

なんだありゃ、日本橋ですよ お江戸日本橋。

f:id:garadanikki:20140221154114j:plain

 

ぺんぎんみたいに立っていたかと思ったら、羽を広げた。

f:id:garadanikki:20140221154212j:plain

 

ずっと見ていたら、通りがかったご婦人に声をかけられた。

「なに見てらしたの?」

「あれですあれ。変な鳥でしょう?」

 

オバアちゃまも覗き込んで、

「あらあ、何て鳥かしらね。カッコよく撮ってあげてね。」

f:id:garadanikki:20140221154238j:plain

今日は、寒いから。

甲羅干しならぬ、日光浴かいな。

変な鳥さんは、このあともずっと川を眺めていました。

 

 

追記 ) 

どうやらカワウのようです。

f:id:garadanikki:20140221154326j:plain

ロミ君と再会

 

にゃんこに会いたくて集会場に行くと、「グルグル」と喉を鳴らして近づいてくる子がいた。

 

「グレゴリーかい?」

違うよ!とムッとした顔をしつつも「グルル」と喉を鳴らしている。

f:id:garadanikki:20220129155720j:plain

 

よく顔を見て驚いた。

半年前から姿を消していたロミだった。

f:id:garadanikki:20220129155801j:plain

「ロミ君かい?」と聞いたら

「やっと、わかったの」という顔である。


まあ、凄くおデブになっちゃって、去勢手術をされた印がある。

f:id:garadanikki:20220129155755j:plain




1年3ヵ月前のロミ ↓

f:id:garadanikki:20150202103821j:plain

f:id:garadanikki:20150202103808j:plain


はじめてロミに会ったのは、1年半前、2012年7月4日 のことだった。

 ロミには、さみという兄弟がいたのだけれど、

さみは貰われていって、ロミがひとり残った。

 

ロミがここから姿を見せなくなったのは、8ヵ月前だった。

苛めっ子のじゃいあんに襲われてから、どこから行ってしまった。

 

雄猫は自分のテリトリーを守る為、雄猫と喧嘩して相手を蹴散らすものだが、

じゃいあんの場合は常軌を逸している。

生後1年内外の子猫は狙わないものだが、じゃいあんは凶暴で子猫も襲う。

 

しかも狙うのは首だ。

動物が相手の首を噛むのは “ 脅す ”ではなく “ 殺す ”を意味する。

じゃいあんに噛まれて怪我した猫を数多く見てきたが、ロミもその対象となった。

 


じゃいあんの憎らしい雄姿 ⤵

f:id:garadanikki:20150202105325j:plain f:id:garadanikki:20150202105327j:plain


1年半前のロミは、こんなにスリムだったのに

f:id:garadanikki:20150202111938j:plain


ロミがデブちんになって戻ってきたのは、大人になった証拠。

体格でいえば じゃいあんに勝るから、子供の頃みたいにはやられないだろう。

じゃいあんには、みんなが団結して戦えばなんとかなりそうなものだが、

とにかく争いごとない平和な場所になればいいのにと思うけれど、

野生の地ではそうもいかないのかも知れない。

 

 

なんとなく、ソワソワ ビクビク、辺りを警戒している若い猫たち

f:id:garadanikki:20140203213137j:plain f:id:garadanikki:20140203213535j:plain

f:id:garadanikki:20220129155743j:plain f:id:garadanikki:20220129155813j:plain

ジュントラさんは食欲には勝てない様子 (;^_^A

f:id:garadanikki:20220129155807j:plain